HOME

ED治療に悩んでいる人はレビトラ、レビトラジェネリック医薬品を自宅で簡単に正規品をネットで購入しましょう。

レビトラ正規品が最安値で買える!

レビトラ20mg × 7箱を通販で購入
28錠 34,159円(1錠 1,219円)
レビトラ20mg × 5箱を通販で購入
20錠 24,732円(1錠 1,236円)
レビトラ20mg × 3箱を通販で購入
12錠 15,417円(1錠 1,284円)
レビトラ20mg × 2箱を通販で購入
8錠 10,702円(1錠 1,337円)
レビトラ20mg × 1箱を通販で購入
4錠 5,880円(1錠 1,470円)

レビトラをネット通販で購入する

専門サイトで購入しよう

2004年にドイツのバイエルヘルスケア社から発売された即効性があると人気のED治療薬レビトラは普通の通販サイトでは購入することが出来ません。

購入しようと思ったら医薬品個人輸入代行で購入することが出来ます。

『 医薬品個人輸入 』という言葉は聞き慣れない言葉かもしれませんが、通常の通販サイトと同じように注文することが出来るので非常に便利です。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品というのが日本についても多くの人が名前を聞いたことがあると思いますし、病院に言ってもジェネリック医薬品だと安く購入できますがどうしますか?って聞かれることもありますよね。

でもジェネリック医薬品っていまいち良く分からないって言う人も多いと思いますのでしっかりと説明をしていきたいと思います。

ジェネリック医薬品というのは世界共通の言葉で、欧米でお薬を「一般名」(generic name)で処方していることから由来されています。

よくジェネリック医薬品は薬の消費期限切れという間違った認識が広まっていますが、賞味期限が切れたわけではなくて特許期限が切れたものを指します。

会社が薬を特許を取ると20年から25年の間独占して販売・製造をすることが出来ますが、特許が切れたら別の会社も同じ製造・販売することが出来るようになります。

新薬の開発にかかるのがおよそ9年から17年かかると言われていますが、ジェネリック医薬品は新薬を元に作られて開発されているので開発にかかるコストや期間がグッと抑えられます。

大体3~5年ぐらいでジェネリック医薬品が完成するので新薬の値段を安く設定することが出来るのです。

そして当然ながらレビトラのジェネリック医薬品もあります。

ただし、日本ではなかなか手に入らないようなジェネリック医薬品も多く存在していますが当サイトでは個人輸入医薬品代行サイトですので簡単かつ、通常の日本で購入するよりも安くレビトラのジェネリック医薬品を購入することが出来ます。

ジェネリック医薬品の安全性

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分で同じ量が入っていることが大前提!違うことと言えばお薬の形状だったり、色、味、添加物などを入れることが出来ます。

とはいえお薬の効き目や安全性に影響しない範囲でしか変更は出来ません。そのためジェネリック医薬品というのは先に発売されたお薬(先発医薬品)よりも小さく飲みやすかったり、苦味を抑えて販売されているケースもあります。

当然効き目や安全性がしっかりとあるのかどうかというのは溶出試験や生物学的同等性試験、安全性試験など非常に厳しい試験を沢山クリアしないとジェネリック医薬品とは認められないのです。

ジェネリックは安全性が大丈夫なの?って思う人も当然出てくると思いますが、ただ同じ成分が入っているのであれば誰もが簡単に販売できると言うものではないのです。

ジェネリック医薬品の有効成分は、新薬の特許期間中に効き目や安全性が十分に確認されたもの。さらに「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という法律にもとづいて、開発・製造されています。

厚生労働省の厳しい審査をクリアし、新薬と同じ効き目・安全性、品質であることが確認・証明されて初めて販売が認められるのです。

成分と効き目は新薬と同じですのでジェネリックだから効かないと言うことはただの勘違いや思い込みです。

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品のメリットについて書いておきましょう。

ジェネリック医薬品は先に発売された医薬品と同等成分が入っておりまったく同じ効き目(溶出試験・生物学的同等性試験・安全性試験)を実証が出来たものだけが販売を許可されています。

溶出試験とは・・・
【 酸性やアルカリ性で新薬とジェネリック医薬品の溶け方が同等かの試験 】

安全性試験とは・・・
【 品質を厳しく管理するための「品質再評価」の試験 】

生物学的同等性試験とは・・・
【 体循環血中に入る薬物の速度や量、吸収する薬物量と薬物濃度の同等かの試験 】

本来ならば新しい薬を発売するとなると9年から15年近くかかる開発期間がジェネリック医薬品ならば3年から5年ぐらいの開発期間で済むのでそれまでにかかる費用を抑えることが出来るので安く販売されているのです。

とはいえ、ジェネリック医薬品も3年から5年もの開発期間がかかっていると言うことを理解してほしいのです。

まったく同じ薬を作ったとしても厳しい審査や基準をクリアをしないといけないと言うことからジェネリック医薬品でも安全性、効果が得られると言うことが分かると思います。

また販売された後でも薬が正しく効いているのか、どうかを聞き回ったり調査を行っているのでジェネリック医薬品は効かないと言うのはないと思います。

日本でのジェネリック医薬品は認知が高まってきており過半数以上がジェネリック医薬品を利用したことがあると言う人が居ますが世界では普及率が90%を超えているところもがあります。

インドなどはジェネリック大国と言われているほどジェネリックが基本となっています。

ジェネリック医薬品を使うことのメリットは沢山あるのです。

レビトラのジェネリック医薬品も安心して利用できますね。

レビトラとレビトラジェネリック価格の比較

レビトラを通販で購入する場合と病院などで処方してもらう場合とレビトラのジェネリック医薬品の価格一覧。

レビトラの通販 価格相場
20mg ・・・ 1錠あたり 2,000円
10mg ・・・ 1錠あたり 1,500円

レビトラ「あんしん通販薬局」の通販価格

20mg ・・・ 1錠あたり 1,219~1,470円
10mg ・・・ 1錠あたり 1,136~1,370円

(まとめて購入することで値段が安くなります。)

レビトラジェネリック医薬品の「あんしん通販薬局」通販価格
20mg ・・・ 1錠あたり 140円~268円
(まとめて購入することで値段が安くなります。)

ED治療薬を試してみたいと言う人も沢山いると思います。レビトラに興味があってもなかなか高くて手を出せないと言う人もレビトラのジェネリックでもあるバリフを購入することで1錠あたりの値段がぐっと下がります。

これならば購入しやすいと言うことでバリフが非常に人気が出ています。

偽物を売る悪徳業者に気をつける

優れたサービスには悪用する業者もいるということに気をつけなくてはいけません。この業界には悪徳業者が存在する!と言うことを理解しなくてはいけません。

偽の薬を販売をして利用者を騙すと言うことがあります。偽の薬として一般的なのがレビトラ100mgと偽って、通常の薬よりもさも効果が高いように偽って販売をしています。

レビトラは10mg、20mgが一般的ですので騙されないようにしましょう。

また正規品と同じようにレビトラ10mg、20mgと謳って販売をしていても中身は全く効果のない粗悪品が出回っていることもありますので本当に信頼できるサイトで購入をすることが大切です。

通販で購入できる医薬品の実に55.4%が偽造品だと言われています

またジェネリック医薬品では海外でしか販売されていない薬がほとんどで利用する際にはより注意が必要と言えるでしょう。

今までに通販で購入をしたが上手くいかなかった方や、悪徳通販業者で購入して失敗した方もいると思います。

信頼できる医薬品個人輸入代行サイトを利用することできっと満足のいく結果が得られるでしょう。

またジェネリック医薬品が何か分からないと言う人も当サイトでは詳しく紹介をしていきます。

【20mg】レビトラまとめ買いの通販価格

値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 41,160円 34,159円 1,219円 通販
5箱 16% 29,400円 24,732円 1,236円 通販
3箱 13% 17,640円 15,417円 1,284円 通販
2箱 9% 11,760円 10,702円 1,337円 通販
1箱 5,880円 1,470円 通販