レビトラの使用上の注意

日本国内で認可されて処方箋を通して発売されているED治療薬の中でも最も効果が期待できるのがレビトラとレビトラのジェネリック医薬品と言えるでしょう。

レビトラの20mgは効果の時間も長いですし、ペニスも硬くなりやすいとされています。

バイアグラなどでは副作用が比較的出やすいと言うこともあってレビトラに使用を変更をしている人も多いです。

そんな多くの人から支持を得ているレビトラですが、レビトラの副作用が心配と言う人もいるでしょう。レビトラは他のED治療薬と比べて副作用は出づらいですし弱いですが気をつけなくてはいけないこともあります。

またレビトラを服用したから必ず副作用が現れるというわけではありません。副作用がまったく現れないという人も沢山います。

ここでは報告されているレビトラを使用する際の注意点を紹介していきます。

レビトラの連続使用は絶対に厳禁!

レビトラのみならずED治療薬の連続しようは絶対にしてはいけません!服用したら最低でも24時間は空けるようにしましょう。

またED治療薬には併用禁忌薬というものがありますが、レビトラの有効成分はバイアグラなどのED治療薬とも違いますので必ず持病をお持ちの方は医者に相談をしなければいけません。

禁忌薬の種類はまとめて当サイトでも紹介をしているので確認してください。

色々な種類の禁忌薬がありますが、その中でも絶対に避けなくてはいけないのが「ニトログリセリン」です。ニトログリセリンは血管を拡張する作用があり狭心症治療薬としても用いられる薬です。

レビトラには血管を拡張する作用がありますがニトログリセリンにも血管を拡張する作用があるのでダブルで効果が発揮されてしまうので血管が拡張しすぎてしまい血圧が低下してしまいます。

必ず確認をしましょう。

柑橘類と一緒に飲まないこと

レビトラを服用するときに減速してグレープフルーツやみかんなどの柑橘類と一緒に飲むことは危険ですので控えるようにして下さい。

なぜ一緒に取ってはいけないのか?というとそれはグレープフルーツには薬の血中濃度を上昇させる「フラノクマリン酸」という成分が含まれているためです。

このフラノクマリンという成分は、薬との相互作用があるとされ、薬物代謝酵素を阻害してしまう作用があります。

つまり簡単に言うとグレープフルーツに含まれているフラノクマリン酸の作用によって、レビトラの体内の吸収を高めてしまい、効果が出すぎてしまうため副作用なども大きくなってしまいます。

え?効果がより出るのであればいいんじゃないの?って思うかもしれませんが、レビトラはそもそもED治療薬としてトップクラスの効果があります。

効果が出すぎてしまうことで頭痛や、鼻づまり、めまいといった副作用が出てしまい性行為事態が楽しめなくなってしまいます。

レビトラはED治療薬の中でも特に副作用があまり出ないということが優れている点でもあるのに副作用をわざわざ出すようなことをするのは意味がありません。

より効果を求めようとしなくてもレビトラは十分すぎるほどの効果を生むのでグレープフルーツなどの柑橘類は避けましょう。

レビトラを服用しようと思ったら1日前から柑橘類は避けるようにしてください。

良くやってしまいがちなのがお酒の席や食事のデザートなどでグレープフルーツが出されてしまったり、グレープフルーツサワーが好きで普段から飲んでしまうと言うケースです。

十分に注意をしましょう。

またレビトラをはじめとしたED治療薬だけではなくて普通の薬でも避けるようにしてください。

レビトラの副作用の一覧

■レビトラの副作用
① 頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり
② めまい、血圧の変動、動悸、頻脈
③ 視覚異常、彩視症、光視症、まぶしい、かすむ、青くみえる

これらの副作用はレビトラに限らず、他のED治療薬にも見られる症状なのですが、薬の効果が現れた兆候でもあります。

ED治療薬は血管拡張作用によるもので頭痛、動機、鼻づまり、色覚変化の症状が現れたとしても一時的なものですので心配の必要がありません。

また、ED治療薬全般の副作用には個人差がありますが、もし長時間続くようであれば医者に相談をしてみてください。

【20mg】レビトラまとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 41,160円 34,159円 1,219円 通販
5箱 16% 29,400円 24,732円 1,236円 通販
3箱 13% 17,640円 15,417円 1,284円 通販
2箱 9% 11,760円 10,702円 1,337円 通販
1箱 5,880円 1,470円 通販

フォローする