レビトラの正しい服用方法

レビトラを服用する際の正しい飲み方と言うのを紹介をしたいと思います。正しい飲み方を知ることで安全かつ安心することが出来ると思います。

成人男性の用量は1日1回1錠

まずしっかりと把握をして欲しいのが成人男性は1日1回1錠を必ず守るようにしてください。

よく勘違いをしてしまうのですが、レビトラを沢山飲んだからと言ってレビトラの効果が増すと言うことはにはなりません。

レビトラは1錠でも十分すぎるほど効果がありますし、レビトラは他のED治療薬と比べて副作用が起こりづらいと言われていますが、沢山飲んでしまったら副作用が大きく現れてしまうこともあります。

レビトラの副作用として主に起こりうるとされているのが頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり、めまいなどがありますが、沢山飲めば副作用も大きく出やすくなってしまいます。

頭が痛む中で性行為をしても楽しめないですよね。健康に悪影響も出てしまいます。

適量さえ飲んでおけば健康被害は出ませんし、副作用も少ない状態で楽しむことが出来ます。

服用するタイミング

レビトラを服用するタイミングはその時々によって変わってくると思いますので色々なパターンを紹介をしていきます。

食事の30分前に飲む

レビトラを服用する時間がいまいち良く分からないと言う人もいると思いますのでレビトラを使用する前に食事をしたいと思うのであれば食事の30分前に飲むようにしてください。

レビトラの最大の特徴として食事の影響を受けづらい状態で即効性があるというのが利用者からしてみれば嬉しいことです。

空腹状態で性行為をしたくないと言う人も多いですからある程度お腹の中を満たした状態であろうともレビトラは影響を受けづらいのですが、脂っこい食事などは極力避けるようにしてください。

(総カロリーに占める脂肪の割合が30%を超える食事)

ボーダーラインとして700kcal未満で脂質が23.3g以下の食事として大体牛丼並盛りぐらいと考えてください。

また沢山食べようとすると吸収されづらくなるので、腹七分ぐらいにしておいた方が良いでしょう。

またお酒についてですが、お酒だけあればレビトラの吸収が悪くすることはありません。お酒を飲んだ状態でレビトラを飲んでも、レビトラを飲んだ状態でお酒を飲むのは問題ありませんがお酒自体がEDの原因となってしまいます。

お酒を飲みすぎてしまうと神経のバランスが崩れて、性的な快楽、欲求が薄まってしまい、性的刺激を受けづらくなってしまいますので気をつけるようにしましょう。

またお酒を飲むとそれだけ沢山のつまみを食べてしまうと言うこともありますから脂質のコントロールをする判断も鈍ってしまいます。

食事をした後にレビトラを服用するのであればレビトラ10mgよりも20mgのほうがお勧めです。

食後に服用した場合

レビトラは即効性があるED治療薬であり、個人差はありますが、早い人で10分~30分ほどですぐに効果が現れるとされています。

しかし、食後にレビトラを服用した場合どうしても効果が遅れてやってくると言われていますので、1時間ぐらいを目安にしましょう。

例えば恋人とデートでレストランや居酒屋などに入って今日はベッドインするかもって思ったらレビトラをベッドインの1時間前に飲むようにしておけばいいのです。

最大限効果を得たいのであれば空腹がいい

レビトラは食事の効果を受けづらいED治療薬ですが、やはり空腹時と満腹時では作用時間や効果に違いが出るといわれています。

胃の中をからっぽにした状態で服用した場合薬の成分がより吸収されやすくなるためレビトラの効果が早く現れますし、効果も長く続くと言われています。

早く効いて、効果も長持ちさせたいと思うのであれば空腹時に服用することが望ましいです。

服用後は車やバイクの運転を控える

個人差がありますが、レビトラは副作用が出づらいED治療薬と言われていますが、副作用としてめまいや頭痛などがあります。

車などの運転をする際に影響を与えてしまいますので副作用が出てしまう可能性もありますのでレビトラが作用している時間帯は控えるようにしましょう。

【20mg】レビトラまとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 41,160円 34,159円 1,219円 通販
5箱 16% 29,400円 24,732円 1,236円 通販
3箱 13% 17,640円 15,417円 1,284円 通販
2箱 9% 11,760円 10,702円 1,337円 通販
1箱 5,880円 1,470円 通販

フォローする