ICI治療とは

ED(勃起不全)となった時に有名な治療薬なのがバイアグラやレビトラなどが挙げられると思いますが、経口薬が効かない人も中にはいます。

経口薬で80%の方に高い有効性が出ると検証データでは言われていますが、逆を言えば20%の方がバイアグラやレビトラが効かないと言う人も出てきます。

そもそも重度の糖尿病があったり、心臓を患っている人はED治療薬のバイアグラやレビトラは使えません。

経口薬が使えないと言う人や糖尿病の人はもう諦めるしかないのか?といったらそうではなくてICI治療と言うのがあります。

あまり知られてはいませんが、ICI治療を受けた実に98%の人が効果を得たと言うことで勃起を諦めていた人でも期待が持てる治療法と言って良いでしょう。

そんなED治療の最終兵器とも呼べるICI治療ですが、日本ではまだ未承認のため金額もちょっと高めです。

このICI治療と言うのは医者によって調合されたプロスタグランジンE1製剤を、直接陰茎海綿体に注入することで強制的に勃起させる方法です。

陰茎に直接注入ってなると痛そうって思うかもしれませんが、針は髪の毛ほどの太さしかありませんのでちょっとチクっとするぐらいの感覚です。

副作用が心配と言う人も0.1ccと非常に少ないので安心です。

ICI治療と経口薬との大きな違いはICI治療では性的刺激を受けなくても強制的に勃起をしてしまいます。

そのため使いどころを間違えてしまわないようにタイミングが見計らう必要があると言うこととやはり一回のICI治療で平均10,000円程度かかってしまうということがネックになります。

バイアグラなどでは1錠あたり1,500円ぐらいですのでそれと比べるとどうしてもコスト面の負担は拭い去れません。

ICI治療をしようと思ったらあくまでも経口薬が効かない、もしくは経口薬を利用できない人が使うものとして考えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする